はじめに

塾の経営を考えられる方というのは、結構いるようです。
学力の高い大学に通う学生がするアルバイトとしてよくあるのが塾講師のアルバイト。 時給が高く、雇う側も人員不足で学力の高い若い人材が欲しいため、 学生側に塾講師としての資質があれば本当にいい仕事になるのです。
アルバイトで講師を続けるうちに、その面白さにどっぷりと浸かり、 企業に就職せずに塾講師を続けてしまう学生というのは多くいます。
そのままその塾に就職する人もいれば、年齢も上がってきて 他の企業に今更就職はしたくない・・・となった彼らが考えることが、 塾を立ち上げる、ということです。
彼らにとっては長年培ってきた塾講師としてのスキル。 多くの生徒たちの学力を上げてきて、自信もついてきて、塾の経営ができないか考えるのです。
実際に塾を立ち上げ、経営するというのはどういうことなのか。 大手の予備校や塾に立ち向かうには、どのような経営方法にすればいいのか。 初めに揃えるべき必要なことは。
様々な疑問や質問が塾の経営を始めるにあたり浮かんでくるとは思います。
このサイトでは、塾の経営を上手くいかせるための秘訣をお教えするとともに、 塾経営に大切なこと、必要なことをお伝えいたします。

学習塾経営で成功できた秘訣

成功できた秘密は過去の経験をまとめて、訂正したものです。僕、初年度から黒字を出すことができた学習塾を経営できたのも、有名なフランチャイズに加盟して経営したからだと思っています。名の知れていない一個人塾だと果たしてどれくらい成功できるかは正直なところ未知数です。 今まで、倒産した学習塾をいくつも見てきましたが、どれもが名前の知られていない個人経営の学習塾でした。 なんとなく事情はわかるような気がします。勉強を教えられるからできる仕事という簡単なものではなく、成功のためには色々と知らなくてはいけないことがあるからです。 フランチャイズの魅力はそういった成功のために必要なノウハウを手に入れられるということです。他の地域で成功したモデルケースを適用して経営することができるのですから、これはとても心強いです。 そんな私がフランチャイズの学習塾を経営して良かったことについてこちらに記載しておりますので宜しければご覧ください。



フリースクールの経営

フリースクールの経営主体は、個人または零細な非営利団体がほとんどで、一部にNPO法人がある。ごく一部の例外を除いて、国や地方公共団体からの公的な支援を受けることができないため、ほとんどが財政的にきわめて困難な状況にあり、一般の学校に比較して、保護者の金銭的負担は重くなる傾向にある。個人が私財を投げ打って設立・運営しているところも多く、ほとんどのスタッフがボランティアで占められ、子供からの学習ニーズに十分応えられなかったり、財政難やスタッフ不足から、突然閉鎖されてしまったりするなど、多くの困難を抱えている。小中学生については、義務教育を補完する役割を果たしており、国や地方公共団体からの公的支援が求められている。